決まらない転職を成功へ導く!「役立つ資格」

あなたの転職はなぜ決まらないのか

だから転職が決まらない!

業務に役立つ資格

業務に役立つ資格

世の中には様々な資格があって、趣味的なものから実務的なものまで種類はかなり豊富です。転職は資格があると有利になることもありますが、どんな資格でもいいというわけではもちろんなく、業務に関連した資格でなければなりません。転職がなかなか決まらないことで悩んでいるようであれば、資格を取得して人材としての価値を上げるのも転職成功の助けになります。そこで、持っていると転職に役立つ資格をいくつかご紹介します。

Pocket
[`evernote` not found]

普通自動車運転免許

運転免許はできれば持っておきたい基本的な資格です。外回りが多い職種は車を使うことが多いので、運転免許が必須資格となっている求人も少なくありません。運転免許のことで多くの人が迷うのが、AT限定とMTのどちらが望ましいのかという点ですが、社用車がAT車かMT車かによることなので、募集の詳細をよく確認する必要があります。近年は多くの人がAT限定の免許を取得しているので、特に指定がなければAT限定の免許で不利になることはないでしょう。

IT関連の資格

どんな職種でもパソコンは業務に欠かせないものなので、IT系の資格は持っておくと有利です。「ITパスポート試験」は、ITの基礎知識があることを証明できる国家資格で、ITの技術的なことばかりでなく、経営戦略や情報管理などについての知識の証明にもなり、業界や職種に関係なく持っておきたい資格です。順調に勉強できれば数ヶ月で取得できると言われており、IT資格の中でも難易度は低めです。もうひとつIT資格でおすすめなのが「MOS(Microsoft Office Specialist)」です。MOSは、マイクロソフト社のOffice製品についてのスキルを証明することができる資格です。ワードやエクセル、パワーポイントのスキルレベルは人によって違うので、客観的にスキルを証明できる資格があると、採用する側も安心です。

経理やコンサルタント系の資格

「日商簿記検定」は、1級から3級まである簿記の資格です。簿記の知識は業界に関係なく共通しているので、この資格を持っていると選択肢はかなり幅広いものになります。経理の仕事を希望するなら2級以上が好ましいですが、そうでなければ3級でも十分アピールの材料になります。「中小企業診断士」は、コンサルティング系の国家資格です。経済学や経営学、財務、法務、IT、マネジメントなどビジネス全般に関する幅広い知識をカバーしている資格なので、コンサルタントを目指している人はもちろんですが、管理職へのキャリアアップを目指している人にもおすすめです。

TOEIC

TOEICは得点で評価するもので、合否で資格を証明するものではありませんが、多くの企業が英語力の目安にしています。990点中600以上あると転職に有利と言われており、高い英語力が求められる企業では800点以上が基準になっていることもあります。英語ができるとキャリアの選択肢が増えるので、コツコツと勉強を積み重ねつつ得点アップに励んでおくといいかもしれません。

ニュース

  • 志望動機が弱い

    転職がなかなか決まらないことには何か原因があります。単純に企業と応募者双方の条件が合わなかっただけという可能性もありますが、志望動機が弱いことが原因になっていることも少なくないので、次々と応募してしまう前に立ち止まって考えてみることが必要かもしれません。志望動機は自分のやりたいことだと思っている人も多いですが、それだけでは志望動機とは呼べません。では、どのように志望動機を組み立てていけば良いのでしょうか。

  • 履歴書の使い回し

    応募回数が多いと困るのが履歴書の準備です。書くべきことはほとんど同じということもあって、回を重ねていくようになるとつい手抜きになってしまいがちですが、それこそが転職を難しくしている原因になっているかもしれません。履歴書に書く志望動機は、使い回そうと思えばできてしまいますが、そうするとどうしても無難な内容になってしまいます。採用する側は「この企業で働きたい」という強い気持ちが欲しいので、書類の段階で熱意のない人はそこで終わりにされてしまう確率が高くなります。

  • 明確な基準

    うまく転職できる人は、退職理由や志望動機が明確です。そのように転職に関する自分の考えを明確にするためには自己分析がまず欠かせません。退職や将来のことを漠然とイメージするのではなく、退職であれば、何が不満で何をしたかったのか、将来はどのようなキャリアを目指し、そのために何をすべきかなどひとつひとつを丁寧に考えていく必要があります。そうすることで、自分の希望に合う最適の企業探しを行うことができるようになるのです。

おすすめの記事

  • 業務に役立つ資格

    資格は持っていた方が転職には有利ですが、資格ならどのようなものでもいいというわけではありませんし、資格を取ることばかりに時間をかけてしまうと、肝心の転職活動が進まなくなってしまいます。そこで、幅広い分野に応用できる資格で代表的なものをいくつかご紹介します。全ての資格を持つ必要はありませんが、どれか1つでもあると転職活動をより有利に進めることができるかもしれないので、自分にできそうなものから挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • 企業と求職者のマッチング

    転職エージェントには、数多くの求人情報が寄せられていますが、一般の求人サイトとは違って会員しか知ることのできない非公開求人の情報も豊富です。求職者は、エージェントから求人を紹介してもらえるだけでなく、応募先の特徴に合わせた履歴書や職務経歴書の書き方、面接対応の方法なども教えてもらえます。不安なことやわからないことはなんでも相談できるので、転職が決まらない状況を繰り返して1人で落ち込むことはもうありません。

  • 最終面接で問われるビジョン

    採用までの過程においては、何度か面接を通過しなければなりませんが、最終面接は予測不可能な質問が飛んでくる可能性があります。最終面接での対応は、社長や役員などの経営トップクラスの人が行うことが多く、型取りのやり方では対応できないこともあります。しかし、経営陣がそこから何を知りたいと思っているかを理解しておけば、予想外の質問があったとしても何を軸に話せばいいかがわかるので、安心して最終面接に臨むことができるようになります。

pagetop