決まらない転職を成功へ導く!「最終面接」

あなたの転職はなぜ決まらないのか

だから転職が決まらない!

最終面接で問われるビジョン

最終面接で問われるビジョン

書類選考から一次面接、二次面接と段階を経て、ようやく最終面接までたどり着くと、もうこれで転職は成功と思ってしまいたくなるかもしれません。しかし、そこで気を抜いてしまうと、思わぬ結果が返ってくることもあるので油断は禁物です。いいところまでは進むのに転職が決まらない人は、最終的に問われることになる「ビジョン」をまず明確にしておくようにしましょう。

Pocket
[`evernote` not found]

最終面接の意味とは

最終面接までには、退職理由や志望動機、自己PRなどの基本的なことは全て伝えてあります。一次面接では基本的なビジネスマナー、受け答え、身だしなみなど、最低限のことができているかどうかを評価され、二次面接では、その企業の一員となるための適性があるかどうかが試されます。そして、最終面接で見られるのが「ビジョン」です。
企業規模にもよりますが、中小企業なら社長、大企業でも役員クラスの人が対応し、その企業で働くということを長期的な視点でどのように考えているのかを見極めます。二次面接までは過去の経験をこれからどのように生かしていくのかという短期的なビジョンが問われることが多いですが、最終面接で問われるビジョンはより大きな枠組みの中で考える必要があります。

最終面接で問われる「ビジョン」とは

経営陣としては、新たに採用する人材にできるだけ長く働いて欲しいと思っています。そのため、応募者が先のことをどのように考えているのかについて強い関心を持っています。先のことはあまり考えず、ただ環境を変えて心機一転頑張りたいと思っているだけなのか、それとも10年先のキャリアを意識しての転職なのかでは、仕事に対するモチベーションやスキルアップへの意識が大きく異なってきます。2、3年先のことも読めない今の時代に、10年先を明確に予想することはまず不可能ですが、10年先にどうなるかを保証してほしくてそのことを聞いているのではなく、どれだけ具体的に仕事をイメージできているかを経営陣は知りたいと思っているのです。

「変化」に強いかどうか

企業が生き残っていくためには、時代の変化に柔軟に対応していくことが求められるので、業務のあり方はどこで大きく変化するかわかりません。専門分野からは異なる部署に配属されることになるかもしれませんし、大きな仕事を任されることになるかもしれません。そんな時に、自分の慣れ親しんだ仕事に固執せず、変化に柔軟に対応できる人材かどうかは、できる限り最初の段階で把握しておきたいことです。型どおりの面接とは違って、どのような話の流れになるかはわかりませんが、経営陣がこの面接で何を知ろうとしているかを理解しておけば、落ち着いて自分の考えを話すことができるでしょう。

ニュース

  • 志望動機が弱い

    転職がなかなか決まらないことには何か原因があります。単純に企業と応募者双方の条件が合わなかっただけという可能性もありますが、志望動機が弱いことが原因になっていることも少なくないので、次々と応募してしまう前に立ち止まって考えてみることが必要かもしれません。志望動機は自分のやりたいことだと思っている人も多いですが、それだけでは志望動機とは呼べません。では、どのように志望動機を組み立てていけば良いのでしょうか。

  • 履歴書の使い回し

    応募回数が多いと困るのが履歴書の準備です。書くべきことはほとんど同じということもあって、回を重ねていくようになるとつい手抜きになってしまいがちですが、それこそが転職を難しくしている原因になっているかもしれません。履歴書に書く志望動機は、使い回そうと思えばできてしまいますが、そうするとどうしても無難な内容になってしまいます。採用する側は「この企業で働きたい」という強い気持ちが欲しいので、書類の段階で熱意のない人はそこで終わりにされてしまう確率が高くなります。

  • 明確な基準

    うまく転職できる人は、退職理由や志望動機が明確です。そのように転職に関する自分の考えを明確にするためには自己分析がまず欠かせません。退職や将来のことを漠然とイメージするのではなく、退職であれば、何が不満で何をしたかったのか、将来はどのようなキャリアを目指し、そのために何をすべきかなどひとつひとつを丁寧に考えていく必要があります。そうすることで、自分の希望に合う最適の企業探しを行うことができるようになるのです。

おすすめの記事

  • 業務に役立つ資格

    資格は持っていた方が転職には有利ですが、資格ならどのようなものでもいいというわけではありませんし、資格を取ることばかりに時間をかけてしまうと、肝心の転職活動が進まなくなってしまいます。そこで、幅広い分野に応用できる資格で代表的なものをいくつかご紹介します。全ての資格を持つ必要はありませんが、どれか1つでもあると転職活動をより有利に進めることができるかもしれないので、自分にできそうなものから挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • 企業と求職者のマッチング

    転職エージェントには、数多くの求人情報が寄せられていますが、一般の求人サイトとは違って会員しか知ることのできない非公開求人の情報も豊富です。求職者は、エージェントから求人を紹介してもらえるだけでなく、応募先の特徴に合わせた履歴書や職務経歴書の書き方、面接対応の方法なども教えてもらえます。不安なことやわからないことはなんでも相談できるので、転職が決まらない状況を繰り返して1人で落ち込むことはもうありません。

  • 最終面接で問われるビジョン

    採用までの過程においては、何度か面接を通過しなければなりませんが、最終面接は予測不可能な質問が飛んでくる可能性があります。最終面接での対応は、社長や役員などの経営トップクラスの人が行うことが多く、型取りのやり方では対応できないこともあります。しかし、経営陣がそこから何を知りたいと思っているかを理解しておけば、予想外の質問があったとしても何を軸に話せばいいかがわかるので、安心して最終面接に臨むことができるようになります。

pagetop