転職が決まらない?エージェントの選び方

あなたの転職はなぜ決まらないのか

だから転職が決まらない!

エージェントの選び方

エージェントの選び方

転職がなかなか決まらないとつい焦ってしまいがちですが、そんな時だからこそエージェントに相談して転職活動を1から立て直しましょう。転職エージェントを利用しようと思うと、いろいろなエージェントがあるのでどれを利用したら良いか迷ってしまうものです。どこも同じなのではと思うかもしれませんが、エージェントによってサービスの内容も質も違うので、選び方には気をつける必要があります。チェックポイントとしては、保有している求人数、非公開求人数、サービスの充実度、コンサルタントの質、これまでの実績、そのエージェントの強みなどがあります。企業との交渉、アフターフォローがどの程度充実しているかはエージェントによって違うので、事前によく確認する必要があります。エージェントのサイトに掲載されている内容をじっくり読んで確認することも大切ですが、気になるエージェントに登録して、話を直接聞いてみる方がわかりやすいかもしれません。

Pocket
[`evernote` not found]

ハイクラス転職がメインの「キャリアカーバー」

ハイクラスな仕事ほど、一般公開されないもの。そんな非公開の仕事を、あなたの経歴を見た経験豊富なヘッドハンターがスカウトで紹介します。

参照:キャリアカーバー
「キャリアカーバー」は、リクルート社が運営している転職エージェントです。ハイクラスの求人に特化したエージェントで、求職者が登録しておいた情報を見たヘッドハンターがスカウトをします。

キャリアカーバーに登録する(別サイトに飛びます)

ハイクラス求人は非公開にしていることが多く、個人で見つけるのは困難なので、キャリアを生かしてステップアップしたい人におすすめのエージェントです。

IT・コンサルティング・メディカル系転職なら「121転職」

IT・コンサルティング・メディカル系業界出身の転職コンサルタントが多く在籍しており、業界を熟知したキャリアコンサルティングには定評があります。

参照:121転職
「121転職」のコンサルタントは、IT・コンサルティング・メディカル系の業界出身者が多く、専門性に自信があるエージェントです。121転職では、求職者ひとりひとりの要望をしっかりと把握してからの求人提案を徹底しているので、転職後の満足度が高いことでも評判です。

121転職に登録する(別サイトに飛びます)

各業界の経営層とのつながりを生かし、カジュアル面接や社長面接など、様々な面接スタイルのセッティングも可能にしています。

女性の転職なら「ビズリーチ・ウーマン」

世の中に流通しにくいハイクラスで良質な情報(求人情報、企業情報、ヘッドハンター)を集約しており、最大量の可能性と選択肢から、もっともふさわしいキャリアを効率的に見つけることができます。

参照:ビズリーチ・ウーマン
「ビズリーチ・ウーマン」は、女性の転職活動を支援するエージェントで、全国の優良企業や成長企業の求人を多数保有しています。会員であれば、公開されている求人を自分で検索して応募することもできますし、登録しておいてスカウトを待つという方法もあります。

ビズリーチ・ウーマンに登録する(別サイトに飛びます)

ビズリーチ・ウーマンには有料会員の制度もあり、利用料金を支払うことで非公開求人の閲覧をはじめとするすべてのサービスを利用することができるようになります。

フリーランスプログラマー案件なら「レバテックフリーランス」

個人では獲得が難しい案件や希少な案件が充実しており、幅広い選択肢からご自身にぴったりの案件を見つけることができます。またご参画中にも徹底したサポートを提供しています。

参照:レバテックフリーランス
プログラマーとしての転職を考えているならば、そのスキルを生かしてフリーランスになるという方法もあります。営業や交渉が苦手でフリーランスになることをためらってしまう人でも、エージェントを利用すればその問題は簡単にクリアできます。「レバテックフリーランス」は、IT系フリーランス専門の大手エージェントです。

レバテックフリーランスに登録する(別サイトに飛びます)

好条件の案件を多数保有しているだけでなく、フリーランスとして活躍するためのノウハウも熟知しているので、フリーランスとしての経験がない人でも安心して活動を始められます。

ニュース

  • 志望動機が弱い

    転職がなかなか決まらないことには何か原因があります。単純に企業と応募者双方の条件が合わなかっただけという可能性もありますが、志望動機が弱いことが原因になっていることも少なくないので、次々と応募してしまう前に立ち止まって考えてみることが必要かもしれません。志望動機は自分のやりたいことだと思っている人も多いですが、それだけでは志望動機とは呼べません。では、どのように志望動機を組み立てていけば良いのでしょうか。

  • 履歴書の使い回し

    応募回数が多いと困るのが履歴書の準備です。書くべきことはほとんど同じということもあって、回を重ねていくようになるとつい手抜きになってしまいがちですが、それこそが転職を難しくしている原因になっているかもしれません。履歴書に書く志望動機は、使い回そうと思えばできてしまいますが、そうするとどうしても無難な内容になってしまいます。採用する側は「この企業で働きたい」という強い気持ちが欲しいので、書類の段階で熱意のない人はそこで終わりにされてしまう確率が高くなります。

  • 明確な基準

    うまく転職できる人は、退職理由や志望動機が明確です。そのように転職に関する自分の考えを明確にするためには自己分析がまず欠かせません。退職や将来のことを漠然とイメージするのではなく、退職であれば、何が不満で何をしたかったのか、将来はどのようなキャリアを目指し、そのために何をすべきかなどひとつひとつを丁寧に考えていく必要があります。そうすることで、自分の希望に合う最適の企業探しを行うことができるようになるのです。

おすすめの記事

  • 業務に役立つ資格

    資格は持っていた方が転職には有利ですが、資格ならどのようなものでもいいというわけではありませんし、資格を取ることばかりに時間をかけてしまうと、肝心の転職活動が進まなくなってしまいます。そこで、幅広い分野に応用できる資格で代表的なものをいくつかご紹介します。全ての資格を持つ必要はありませんが、どれか1つでもあると転職活動をより有利に進めることができるかもしれないので、自分にできそうなものから挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • 企業と求職者のマッチング

    転職エージェントには、数多くの求人情報が寄せられていますが、一般の求人サイトとは違って会員しか知ることのできない非公開求人の情報も豊富です。求職者は、エージェントから求人を紹介してもらえるだけでなく、応募先の特徴に合わせた履歴書や職務経歴書の書き方、面接対応の方法なども教えてもらえます。不安なことやわからないことはなんでも相談できるので、転職が決まらない状況を繰り返して1人で落ち込むことはもうありません。

  • 最終面接で問われるビジョン

    採用までの過程においては、何度か面接を通過しなければなりませんが、最終面接は予測不可能な質問が飛んでくる可能性があります。最終面接での対応は、社長や役員などの経営トップクラスの人が行うことが多く、型取りのやり方では対応できないこともあります。しかし、経営陣がそこから何を知りたいと思っているかを理解しておけば、予想外の質問があったとしても何を軸に話せばいいかがわかるので、安心して最終面接に臨むことができるようになります。

pagetop