転職が決まらない人の特徴「志望動機の弱さ」

あなたの転職はなぜ決まらないのか

だから転職が決まらない!

志望動機が弱い

志望動機が弱い

転職活動を始めてから1社目の企業ならともかく、転職がなかなか決まらない状況になってくると、その都度考えなければならない「志望動機」が悩みのタネになってしまうことがあります。「この会社に入りたい」という強い気持ちを持とうと思っても、いくつも選考に落ち続けていると、志望動機が弱くなって、より一層転職が決まらなくなるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

Pocket
[`evernote` not found]

志望動機とは何かを考える

「志望動機の弱さ」は、転職がなかなか決まらない人に見られる特徴のひとつです。しかし、志望動機は書類選考でも面接でも必要になる要素なので、転職準備の段階でしっかりと考えてある人がほとんどでしょう。それにもかかわらず志望動機が原因で選考から外れてしまうということには、やはりそれなりの理由があるはずです。そこで、転職が決まらない人に多い志望動機の特徴を参考に、まずは志望動機とはそもそもどういう意味なのかについてもう一度考え直してみる必要があるでしょう。

応募理由と志望動機が混同してしまう

「得意なことを生かせる分野で働きたい」は、応募理由としてはごく普通のことですが、志望動機とするには弱いものになってしまいます。例えば、「英語を生かせる仕事がしたいので御社に応募しました」を志望理由にすれば、「それなら他にもいろいろな企業があるから、うちでなくてもいいのでは?」と思われてしまうでしょう。「自分のやりたいこと」ができる企業だから応募するのは間違ったことではありませんが、「なぜこの企業なのか」という部分がはっきりしないと、志望動機とは言えないものになってしまうのです。

よく調べずに志望動機を決めてしまう

応募する企業で何をやりたいか、どのような分野で貢献できるかを志望動機としてアピールするためには、その企業のことについてよく調べる必要があります。しかし、志望動機が弱い人は、この点をややおろそかにしてしまう傾向があります。「将来性がありそう」「いろいろなことを学べそう」など、具体的な根拠なく「なんとなくそんなイメージがある」ということをそのまま志望動機として差し出してしまうと、企業側は「この人はうちの会社のことをあまりよく調べていないな」と感じるでしょう。企業のことを調べているかどうかは面接をすればすぐにわかることなので、調べていない人は熱意がないと判断され、そこで落とされてしまうのです。

志望動機を強くするために

最初の選考を通過したら、次に続く選考の段階に備えて志望動機をより厚みのあるものにしていく必要があります。説明会や面接などで企業の人と接して感じたことや入手した情報は、二次面接など次の段階に進んだ時に志望動機の根拠として付け加えることもできるでしょう。自分がやりたいことだけでなく、企業の求めることにどう応えられるのかを盛り込むことができれば、志望動機は説得力のあるものになるでしょう。

ニュース

  • 志望動機が弱い

    転職がなかなか決まらないことには何か原因があります。単純に企業と応募者双方の条件が合わなかっただけという可能性もありますが、志望動機が弱いことが原因になっていることも少なくないので、次々と応募してしまう前に立ち止まって考えてみることが必要かもしれません。志望動機は自分のやりたいことだと思っている人も多いですが、それだけでは志望動機とは呼べません。では、どのように志望動機を組み立てていけば良いのでしょうか。

  • 履歴書の使い回し

    応募回数が多いと困るのが履歴書の準備です。書くべきことはほとんど同じということもあって、回を重ねていくようになるとつい手抜きになってしまいがちですが、それこそが転職を難しくしている原因になっているかもしれません。履歴書に書く志望動機は、使い回そうと思えばできてしまいますが、そうするとどうしても無難な内容になってしまいます。採用する側は「この企業で働きたい」という強い気持ちが欲しいので、書類の段階で熱意のない人はそこで終わりにされてしまう確率が高くなります。

  • 明確な基準

    うまく転職できる人は、退職理由や志望動機が明確です。そのように転職に関する自分の考えを明確にするためには自己分析がまず欠かせません。退職や将来のことを漠然とイメージするのではなく、退職であれば、何が不満で何をしたかったのか、将来はどのようなキャリアを目指し、そのために何をすべきかなどひとつひとつを丁寧に考えていく必要があります。そうすることで、自分の希望に合う最適の企業探しを行うことができるようになるのです。

おすすめの記事

  • 業務に役立つ資格

    資格は持っていた方が転職には有利ですが、資格ならどのようなものでもいいというわけではありませんし、資格を取ることばかりに時間をかけてしまうと、肝心の転職活動が進まなくなってしまいます。そこで、幅広い分野に応用できる資格で代表的なものをいくつかご紹介します。全ての資格を持つ必要はありませんが、どれか1つでもあると転職活動をより有利に進めることができるかもしれないので、自分にできそうなものから挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • 企業と求職者のマッチング

    転職エージェントには、数多くの求人情報が寄せられていますが、一般の求人サイトとは違って会員しか知ることのできない非公開求人の情報も豊富です。求職者は、エージェントから求人を紹介してもらえるだけでなく、応募先の特徴に合わせた履歴書や職務経歴書の書き方、面接対応の方法なども教えてもらえます。不安なことやわからないことはなんでも相談できるので、転職が決まらない状況を繰り返して1人で落ち込むことはもうありません。

  • 最終面接で問われるビジョン

    採用までの過程においては、何度か面接を通過しなければなりませんが、最終面接は予測不可能な質問が飛んでくる可能性があります。最終面接での対応は、社長や役員などの経営トップクラスの人が行うことが多く、型取りのやり方では対応できないこともあります。しかし、経営陣がそこから何を知りたいと思っているかを理解しておけば、予想外の質問があったとしても何を軸に話せばいいかがわかるので、安心して最終面接に臨むことができるようになります。

pagetop